FC2ブログ

精神と時の部屋に咲く向日葵

司法試験合格後の日常と法曹になるまでの道程を綴ったブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シリーズもの(予定)の第1回は基本書についてです。以下書くのは自分の合格に役立ったかという観点からのもので、本の学問的価値等とは何ら関係ありません。

まず、自分が持っている基本書を挙げてみます(敬称略)。
憲法 芦部(最新版ではなく貰い物)
民法 内田(最新版ではなく貰い物)
刑法 総論・講義案 各論・前田(最新版だが貰い物)
商法 会社・バーチャル会社法 テコギと総則商行為はナシ
民訴 理解する民事訴訟法
刑訴 平良木捜査法 石丸刑訴

この中で読むのにかかった時間との兼ね合いで考えてある程度意味があったと思うのは、憲法芦部・刑法各論前田・民訴理解する~ぐらいです。民法はそもそも使っていませんし、刑法総論はわかりやすいけれども特に合格に役立つということもなく、会社法は14年改正の部分を見たかっただけ、刑訴は人権重視の予備校テキストが気に入らないので反抗して買っただけです。
憲法芦部は、読みやすく、また択一で出た細かい知識が実は註に載っていたりとなかなかいいです。みなさん読んでいますし読んで損はないかと思います。ただ憲法については自分の中でこれが最良というものがありましてそれに比べると見劣りします。統治も薄すぎますし。
刑法各論前田は、論点や項目の整理の仕方が上手いので読みやすく、各論なので行為無価値の方も安心して読めます。また択一のタネ本とも言われており読んでみて損はないかと思います。ただ基本書という性格上論点の説明などは予備校本の方が優れているところもあります。関係ないですが有価証券偽造の個所に登場するテレカのネコはとってもかわいくてなごみます。
理解する民訴は、基本書というには少し薄く網羅性に欠けます。ただ民訴に取っ付きにくさを感じていた自分にとっては、説明口調がわかりやすいうえ度々登場する図が非常に良くできていてよかったと思います。この本を基本書らしくパワーアップさせた本が出ていたはずなので見てみてもいいかもしれません。

ここまで書いてきてお気づきの方もおられるかと思いますが、自分は予備校本メインでやってきました。予備校本は合格に必要な知識・理解が得られるような形式で書いてあるのに対し、基本書は学問メインなのでそのような配慮があるものは少ないです。なので基本書中心というのは無駄が多く効率が悪いのではと思っています。いくつか買ったのは前回書いた若気の至りです(なので今年度は買っていません)。ただ、基本書は調べものをするのには優れていると思いますので、できるだけ有名な先生で説が通説っぽくかつ分厚い基本書を持っておられるといいかもしれません。この条件を満たせさえすれば基本書はなんでもよく、どの基本書がどうだとかいつどの本が出るとかいったことはどうでもいいことだと思います。

長々書きましたがもちろん全て私見です。
気がつけばカウンターが1万超えていました。訪問ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

アクセス一万件突破おめでとうございます。
基本書。。。貰い物でしかも旧版って。
かっこいいです。
ということはさぞかしゴージャスな予備校テキストを使ってらっしゃったのだろうと思います。
紹介が楽しみです。

2005.11.28 23:12 URL | hop #- [ 編集 ]

>hopさん ありがとうございます。ちなみにかっこよくはないです(笑)。予備校テキストもかなり普通ですがぼちぼち紹介していくつもりですのでお待ち下さい。

2005.11.29 11:43 URL | なまにく #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://r60namaniku.blog35.fc2.com/tb.php/23-b6c6df4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。