精神と時の部屋に咲く向日葵

司法試験合格後の日常と法曹になるまでの道程を綴ったブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自分は滅多に泣きません。人前で泣くのは恥ずかしいことだという考えを持っていたのがいつの間にか泣くこと自体あまりなくなりました。
特に感動して泣くことはほぼないに等しいです。活字や音楽で泣くことは今のところ100%ありません。ドラマやテレビでは時々ヤバくなります。記憶にあるところでは、映画ではアルマゲドン、ドラマでは人にやさしくなどがヤバかった気がします(以外と普通?)。
昨日「君に読む物語」を見ました。友達が泣けるDVDとして3つ貸してくれたうちの1つです。はっきりいってどこで泣くのか全くわかりませんでした。ベタな展開でまあいい話ではありましたが・・。そういえば少し前友達もその家族も泣きじゃくったと聞いて「シュリ」も見ましたが全然泣けませんでした。
泣いてみたいので誰か猛烈に感動する作品を教えてください。手強い挑戦者求む。

スポンサーサイト
荒川選手金メダルおめでとう!!
最近やっとスーツにも慣れてきました。とはいえ帰って脱ぐと肩が凝っていますが。
慣れてくるとスーツというのは特に男性を実物以上にカッコよく見せるものだということに気付きます。行き帰りによく人を観察しているのですが、スーツ姿が決まっている人は見ていて気持ちいいですし仕事もできそうに見えます。対して決まっていない人は本当に情けなく見えます。スーツがよれよれ、色がダサい人や、ネクタイの色や柄がダサい、長すぎる、小剣が大剣の横からはみ出ているといった格好の人は驚くほど多いです。だらしない格好は年代がある程度上の人に多い気がします。ますます疲れて見えます。対して若い人は単純にセンスが悪い人が結構います。若いのにオジサンぽいネクタイの人はなぜそれを選んだのか聞いてみたくなります。とにかく観察していると突っ込み所満載です。もっとも、自分も色んな人に突っ込まれているのでしょう(笑)。せめて自分なりにはきちんとしていきたいです。
今週はいろんな意味で大変そうですが事前研修頑張ります。
2月一杯はかなり忙しいです。大変だこりゃ。
最近異常におなかが減ります。自分は基本的に1日4、5食食べるのですがそれでもかなり減ります。なぜなんでしょうか。病気とかだったら怖いな・・。
久しぶりに少しだけ試験ネタを。
2月になったのでそろそろ択一対策を始めようという実力者の方もおられるのではないでしょうか。かくいう自分も昨年は2月から択一模試を受け始めました。ただ、勉強するのは当日の予習復習を合わせて3~4時間と模試2時間半ほどでした。
今年は合格点が例年より数点上がるとは思いますが、個人的には実力者の方は3月ぐらいからの本格始動で十分ではないかと思います。もっともこれは人それぞれですので、ある程度余裕をもって合格できるぐらいに実力を上げれるように逆算してこれから頑張ってください。
ホント難しいです。なかなか思うような当たり方をしません。ちょっと舐めていたようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。